ヒアロディープパッチの効果的な使い方・貼り方のポイント

ヒアロディープパッチの使い方ポイント

ヒアロディープパッチを効果的に使うポイントは、「使用前のスキンケアをしっかり」「使い始めは頻度を増すのもアリ」「長期継続で美肌維持」をおさえておくと良いでしょう。

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸を極小の針状にしたシートで、目元や口元の年齢による小じわやたるみなどを集中ケアすることができます。

ただ、集中ケアできるからといって、スキンケアを怠っていいということでもありません。スキンケアをないがしろにしてしまうとヒアロディープパッチによって逆に肌トラブルが起こるリスクさえあるのです。

また、ヒアロディープパッチはマイクロニードル技術で、角質層に直接成分を届けられるので、効果を実感しやすくなっています。しかし、短期的な効果ではハリのある肌を持続できません。

ヒアロディープパッチは継続して使用することで、目元や口元の肌細胞を健やかにしていき、代謝機能やバリア機能を正常化し、うるおいを保持しやすくして、ハリ感やツヤ肌を導くものです。肌の健康を取り戻すには1日2日で変わるものではありません。

週に1度のヒアロディープパッチの使用を長期的に続けることによって、エイジングケアとしての効果が実感できるようになるので、効果的で正しい使い方をしてケアしていきましょう。

\4秒に1枚売れている!刺すヒアルロン酸/

ヒアロディープパッチの貼り方のコツ1.使用前のスキンケアをしっかり

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸でできた針が、肌のバリア機能を通り越して、直接角質層に美容成分や保湿成分を届けるシート状の化粧品です。

使用後は保湿成分がしっかり浸透し、かなりハリ感を感じることができます。それによってスキンケアをしなくてもいいと思う人もいますが、実はヒアロディープパッチを使用する前にはしっかりとスキンケアをしておく必要があります。


肌に潤いが無いとヒアルロン酸の針が溶解しない

ヒアロディープパッチを使用する前に肌をスキンケアで保湿しておかないと、ヒアルロン酸の針が肌の内部で十分に溶けなくなります。

マイクロニードルが溶解をする条件として、湿気、つまり水分があることが重要です。つまり、スキンケアで肌に潤いがないと、刺さったヒアルロン酸の針がきちんと溶けていかないというわけです。

だから、ヒアロディープパッチを貼る前には、化粧水や乳液でしっかりと肌に潤いを与えて、ヒアルロン酸や美容成分が溶解しやすい状態を作っておくとより効果的になります。


ヒアロディープパッチは乾燥した肌に使用しない

スキンケアをせずに乾燥がすすんだ肌にヒアロディープパッチを使用してしまうと、本来の効果が得られません。それどころか、むしろ肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

ヒアルロン酸はご存知のように1gで6リットルもの保水能力があります。肌に刺さったヒアルロン酸は肌内部で溶けて、周りの水分をがっちりと取り込み肌に潤いを与えてくれます。

しかし、肌が乾燥して状態でヒアロディープパッチを貼ると、ヒアルロン酸の針は肌内部だけの水分では足らず、肌表面の水分も取り込んでしまいます。すると、肌の表面だけ乾燥した状態になります。

肌の表面が乾燥するとバリア機能が低下してしまうので、外部の刺激や紫外線などから肌を守れなくなり肌トラブルを起こしやすい状態になります。

したがって、ヒアロディープパッチは乾燥した肌に使用せず、スキンケアをしてから貼りましょう。

ヒアロディープパッチの貼り方のコツ2.使い始めは週2回の頻度で使っても良い

ヒアロディープパッチは、角質層に直接成分を届けることができるので、効果を実感しやすいのが特徴です。

しかし、初めてヒアロディープパッチを使用する場合、1回でハリや潤いが戻っても数日で元に戻ることが多いです。

これは肌の細胞そのものが健康な状態になり切れなないので、健やかな状態を長くキープできないわけです。ヒアロディープパッチは、そもそも短期間で美肌にするものではなく、徐々に肌の健康を取り戻し、細胞を若返らせることにより目元や口元の年齢による肌悩みをケアします。

だから、ヒアロディープパッチも使い方として、使用し始めは頻度を上げて使用することもおすすめしています。


ヒアロディープパッチを1週間に3回の頻度で使う場合

ヒアロディープパッチの公式サイトでは、初めてヒアロディープパッチを使用するときに「最初の1週間は3回使用する」という方法も推奨していました。

具体的にはヒアロディープパッチを購入して使用する最初の1週間は2日に1回程度使用し、2週目からは通常の週1回の頻度で使用するということです。

肌の細胞に潤いをキープさせることで、早く細胞を正常化していこうということですね。


最初の1ヵ月は週2回の頻度で使用する場合

別の使い方として、ヒアロディープパッチを購入してから最初の1ヵ月は週2回の頻度で使用するという方法もあります。

例えば日曜日と水曜日に使用するという具合ですね。

2ヵ月目からは通常の週1回のケアに戻せば、スタートダッシュで肌の細胞を正常化しやすいということですね。

 

ヒアロディープパッチの口コミでも、最初は元に戻りやすいという声もあるので、効果的に早く結果を出したいのであれば、使い始めの時期の頻度を上げるということを検討してみましょう。

ヒアロディープパッチの貼り方のコツ3.長く継続して若い細胞を維持

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸を結晶化した極小の針が、肌のバリア機能を突き抜けて直接保湿成分や美容成分を肌に浸透させることができるシートです。

ヒアロディープパッチは、夜寝る前に小じわやたるみが気になる部位に貼ると、ヒアルロン酸が5時間かけて溶解し、気になる部位に集中的に成分を浸透させます。

起床するとヒアロディープパッチを貼った部分はハリ感が戻り、ふっくらとする感覚があります。

ヒアロディープパッチは、直接成分を届けられることもあり、即効性を期待しやすい化粧品ですが、実際には徐々に肌の細胞の健康を取り戻し、本来の年齢より若々しい肌を目指していくものです。

肌細胞はターンオーバーによって代謝が行われ、古い細胞は角質層の表面に押し上げられて排出されます。

しかし、年齢を重ねると代謝機能が衰えて、古い細胞が肌に残り、メラニンがシミになったり、血行が悪い細胞によって肌がくすんだりします。

停滞した肌の細胞をすべて生まれ変わるサイクルは約6週間と考えられています。ヒアロディープパッチを使っても、一時的に細胞が潤いを取り戻しても、新しい元気な細胞が生まれて入れ替わるまでは、健やかな状態とは言えません。

したがって、ヒアロディープパッチで効果を実感したいなら、肌が入れ替わる約6週間以上は続ける必要があります。

\全額返金保証もある♪/

[ヒアロディープパッチ/貼り方]目の下や口元のほうれい線への使い方

ヒアロディープパッチの目元や口元への貼り方について解説していきます。

まず、ヒアロディープパッチの使い方として、乾いた手で取り扱ってください。というのも、ヒアルロン酸の針は湿気に弱いからです。濡れた手で触ると針が溶けてしまいます。

ヒアロディープパッチの剥がし方

また、ヒアルロン酸の針は壊れやすいので、台紙から剥がすときにも、針の部分には触れないように注意しましょう。

そして、ヒアロディープパッチを貼る前には必ずスキンケアをして、肌に潤いがある状態にしてから貼ります。ただし、スキンケア直後は肌に過剰な油分や水分があるので剥がれやすくなりますから、少し間をおいてから貼りましょう。

ヒアロディープパッチの目の下への貼り方

ヒアロディープパッチの目元の貼り方

ヒアロディープパッチは必ず鏡のある場所で貼るようにしましょう。目の下に貼る場合は、シートのカーブや形状を確かめて左右間違えないようにします。

目の下に貼るときには、目のキワから3ミリ程度は間隔を開けて、ギリギリに貼らないようにします。目のキワに気になる小じわがある場合でも、ヒアロディープパッチはシートより広い範囲に保湿成分を浸透させてくれるので、必ずしも小じわに貼る必要はありません。

ヒアロディープパッチを貼ったら、シート全体を中指と薬指の腹で軽く2,3回押さえて、シートが肌に密着するようにしましょう。

成分が溶けるまで、約5時間かかるので、ヒアロディープパッチを貼ったら就寝して朝まで貼っておきます。

ヒアロディープパッチの頬のほうれい線への貼り方

頬や口元のほうれい線にヒアロディープパッチを貼る場合も鏡の前で貼るのは必須です。

ほうれい線のある場所は、肌が凹凸になっているので、ヒアロディープパッチのシートは貼りにくいです。貼るコツとしては、顔を少し上に向けて頬を横に引っ張り、ほうれい線を伸ばしながら貼るのが良いでしょう。

なぜなら寝ている時は頬が下ではなく横に引っ張られるので、ほうれい線はやや薄くなります。寝ている時はその状態をキープしているので、貼る時も寝ている時と同じように貼るのが剥がれにくいコツです。

それでも剥がれやすい場合は、以下のように曲線が逆になるように貼ると剥がれにくくなります。

ヒアロディープパッチのほうれい線への貼り方

[ヒアロディープパッチ/貼り方]睡眠時に剥がれないようにする使用方法

ヒアロディープパッチの粘着力

ヒアロディープパッチは貼るシート状になっていますが、接着剤は使用していません。したがって、粘着力はそれほど強くないので、正しく使用しないと剥がれることもあります。

接着剤を使用していないので、顔の皮膚のようにデリケートな部分でも安全に使用することができます。

ヒアロディープパッチが寝ている間に剥がれないようにする貼り方のポイントを紹介します。

ヒアロディープパッチはスキンケア後すぐに貼らないようにする

ヒアロディープパッチは、シートの中央にヒアルロン酸の針が密集した部分があり、その周囲はシートを密着するためのジェルシートになっています。

ジェルシートは接着剤を使用していないので、肌に優しい反面、粘着力は弱めになります。

ヒアロディープパッを貼る前にスキンケアをしなけらばならないのは、先にも書いた通りですが、スキンケア後すぐに貼ってしまうと、化粧水や乳液の油分が肌表面に残っているので、ヒアロディープパッチがしっかり肌に密着しにくくなります。

濡れた場所に絆創膏を貼る時にくっつきにくいのと同じですね。

だから、ヒアロディープパッチを貼る前にスキンケアをするのですが、スキンケアをしてから肌表面がサラッとした手触りになるまで間を空けてから、貼るようにしましょう。

ヒアロディープパッチの貼り直しはNG

ヒアロディープパッチのヒアルロン酸の針は極小で脆いので、台紙から剥がすときも慎重に行わなければいけないほどです。

だから、ヒアロディープパッチのを貼る時に思っていた場所よりズレてしまったからといって、貼り直してしまうと、針が壊れて肌の奥まで刺さらなくなります。

したがって、多少貼る位置がずれてしまっても、ヒアルロン酸はシートの枠より外まで浸透するので、貼り直さずにそのまま貼っておくのが良いでしょう。

ヒアロディープパッチを貼ったら、うつ伏せで寝ないようにする

ヒアロディープパッチは、寝ている間に美容成分や保湿成分が溶けて肌に浸透するシートです。

だから、寝ている間はできるだけシートに触れずにいたほうが良いです。

ヒアロディープパッチを貼っている時は仰向けで寝るのが望ましいです。うつ伏せに寝てしまうと枕や布団にシートが触れてしまい、剥がれる可能性が高くなります。

ただし、寝返りや寝相の悪さは自分でコントロールできるものではないので、あまり剥がれるようであれば、就寝時ではなく休みの日の日中などに使用するようにしましょう。

[ヒアロディープパッチ/貼り方]使用期限や保管方法

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸を結晶化して針状にしています。つまり、成分を固体にしているので蒸発することはありません。

しかし、肌に直接作用する化粧品には変わらないので、使用期限や保管方法には気を付ける必要があります。

ヒアロディープパッチの使用期限

ヒアロディープパッチの使用期限は公式サイトによると、未開封の状態で2年となっています。

ただし、ヒアルロン酸でできた針は湿気に弱いので、シートが入っている袋を開封した後は早めに使用したほうがいいでしょう。

とくに日本の気候は夏場は湿気が多いので注意が必要です。せっかく購入したのに2年も使用しないのはもったいないですから、できるだけ早く使って肌をケアしましょう。

ヒアロディープパッチの保管方法

ヒアロディープパッチは高温多湿を避けて室内で保管するのがベストです。

何となく冷蔵庫で保管すると冷やっとして良さそうな気がしますが、冷蔵庫で保管するのは避けたほうが良いでしょう。

というのも、ヒアロディープパッチは湿気に弱いので、冷蔵庫で保管して使用時に外に出すと、室温と冷蔵庫の温度差で水滴ができてしまい、ヒアルロン酸の針に影響を及ぼす可能性があります。

したがって、常温で高温多湿を避けた室内で、針が壊れないように圧力もかけない状態で保管しましょう。

\4秒に1枚売れている!刺すヒアルロン酸/

ヒアロディープパッチの使い方・貼り方動画

ヒアロディープパッチの公式である北の快適工房には、使い方の説明はあるものの動画での紹介はありませんでした。

ヒアロディープパッチのような新しい技術が採用されたマイクロニードルは、やっぱり使い方がわからないと不安な部分もあります。

どんなパッケージなのか、どんなサイズなのか、貼った感触はどんなものなのか、そういった使い心地は動画での情報に勝るものはありません。

ということで、YOUTUBEなどで動画を探してみました。ヒアロディープパッチをパッケージから出して貼るところまで実演してくれている動画がありましたので以下に紹介します。